緑内障に注意しよう|自分の身は自分で守ろう

医者

失明の危険がある眼の病気

カウンセリング

早期に治療を開始すべき

どんな病気でも早期に発見し、早期に治療を受けることが何より重要となりますが、眼の病気、緑内障も同様です。緑内障とは、視神経に異常が発生し、視力や視野の障害が起きてしまう病気です。緑内障には急性と慢性があり、急性の場合は頭痛や吐き気といった症状も引き起こします。但し、急性よりも圧倒的に慢性の方が多いのが実情です。慢性の緑内障の場合、まず最初に暗点と呼ばれる見えない点が目の中心から少し離れたところにできます。その暗点が次第に大きくなり、それが視野の欠損となり、視野の欠損がさらに広がって行き、最終的には失明してしまいます。但し、失明してしまうのは緑内障を放置した場合です。しかし、治療開始が遅ければ失明のリスクは否定できないものとなりますので、軽症の段階で治療を開始することが重要なのです。

眼の状態に敏感であれ

ただ、厄介なのは、慢性の緑内障の場合、ある程度症状が進行しないと自覚することが難しいのです。最初に発生する症状、暗点は自覚できない症状です。暗点が大きくなり、視野の欠損が発生すると自覚することができるのですが、緑内障は主に片方の眼で発症するため、もう片方の眼が視野の欠損を補うことができるので、大きな異常だと感じない場合が多くあります。それどころか、視野の欠損を自覚できない場合もあります。従って、日常生活に支障をきたすほどの視野の欠損が現れてから、医療機関を受診する人も結構な割合でいます。それでは、当然、早期治療とは呼べない状況です。緑内障は従来、高齢者の病気でしたが、パソコンや携帯電話、スマートフォンの普及により、近年、低年齢化していますので、身近な病気だと考え、眼の状態に敏感になることが大切だと言えます。

突然現れた黒い虫の正体は

相談

飛蚊症は誰にでも起きる症状で病気ではありません。黒い虫のようなものが見えそれが眼球の動きに合わせて動きます。これは目の中の硝子体の濁りが原因です。飛蚊症は網膜剥離が原因の場合もあります。異変を感じたらすぐ診察を受けることが大切です。治療が早いほど視力への影響は少なくなります。

More...

病院選びのポイント

病院

大阪は、緑内障に対応できる医療機関が多い地域です。しっかりと病院選びを行いましょう。軽度な場合は、通いやすさを重視し、症状が気になる場合には、医師の技術力を重視した病院を選びましょう。なお、大阪市内には、緑内障の名医や専門病院も見られます。

More...

加齢に伴う網膜黄斑の病気

医者

網膜の黄斑に異常が生じて視力が低下する加齢黄斑変性症のうち、新生血管が原因の滲出型は萎縮型より圧倒的多数を占めます。滲出型の治療では、負担の軽い方法で新生血管を閉じる技術が開発されました。大阪府内に100件以上ある黄斑変性症対応眼科クリニックのうち、その新しい治療法を受けられるクリニックが人気です。

More...