緑内障に注意しよう|自分の身は自分で守ろう

看護師

加齢に伴う網膜黄斑の病気

医者

最新治療で視力改善も可能

大阪府内には数多くの眼科クリニックが存在します。クリニックごとに得意分野を持っていますが、中でも加齢黄斑変性症の治療が可能なクリニックは100件以上に上ります。それだけ加齢黄斑変性症に悩まされている患者さんが多いことを示す数字です。黄斑変性症は加齢に伴って網膜の黄斑という部分に異常が生じ、視力が低下したり視野が欠けたり病気です。網膜の中でも黄斑はごく小さい部分ですが、視野の中心部分を担っているため視力への影響が大きくなります。発症すると物が歪んで見えるようになり、しばしば中心部分に暗点が発生します。加齢黄斑変性症には新生血管の有無によって滲出型と萎縮型の2種類があります。滲出型は50歳以上の1.2%で発症するのに対し、萎縮型は0.1%に過ぎません。大阪府に約400万人いる50歳以上の人のうち、5万人近い人が滲出型を発症していると推定されます。大阪府では加齢黄斑変性症に対応したクリニックも多い中、最新治療が受けられるところほど人気を集めています。従来の新生血管抜去手術やレーザー凝固術には正常細胞を傷つけるリスクもありました。最新治療はリスクが低く負担も軽い上に、視力改善さえ可能なのです。

新生血管を閉じる技術

滲出型の黄斑変性症が萎縮型と異なるのは、網膜膜から伸びる新生血管が存在する点にあります。この新生血管は破れやすいため、血液が周辺に滲み出ることによって視力に影響が出てくるのです。新生血管から漏れた水分が溜まってくると網膜を押し上げる形となり、物が歪んで見える原因にもなります。この新生血管を取り除くことで黄斑変性症に伴う視力悪化が改善されます。手術で新生血管を抜き去ったり、強いレーザー光線を当てて新生血管を焼き固めたりする方法のリスクは前述しました。近年ではPDTとも略される光線力学的療法や、抗血管新生薬療法という新しい方法が開発されています。PDTは光に反応する薬剤をあらかじめ注射しておいた上で、黄斑変性症を起こした部分に弱いレーザー光線を当てる方法です。弱いレーザー光でも新生血管を閉じられることから、レーザー凝固術よりも目に対するダメージが少ないのです。抗鬱血管新生薬療法では新生血管の成長を抑える薬を目に直接注射します。大阪府内の眼科クリニックでもそれらの治療法を受けられるところが多くあります。症状が疑われる場合は、最新治療を実施しているクリニックを調べてから受診するといいでしょう。