緑内障に注意しよう|自分の身は自分で守ろう

看護師

突然現れた黒い虫の正体は

相談

硝子体の濁りが原因

飛蚊症は年齢を重ねていくうちに誰にでも起こる症状で別に病気ではありません。目の前に黒い虫のようなものが現れ眼球の動きと共に動きます。その形状や大きさは人によって違ってきます。飛蚊症は目の中にある硝子体という透明な物質が濁ることが原因です。それが網膜に投影されて黒い虫のような形で見えるのです。これは眼精疲労や加齢などによって起こりやすくなります。特に青い空を見たときなどにはっきりみえます。また白内障の手術をしたあとは視力が回復するのでそれまで自覚できなかった飛蚊症がはっきりすることが多くなります。そのため高齢者の中には飛蚊症を白内障手術の後遺症だと間違えて考える人もいます。これは治療する方法はなく慣れるしかありません。

網膜剥離が原因の場合も

飛蚊症は最初は気になっても毎日の生活の中では次第に気にならなくなるものです。しかし中には網膜剥離などのような重大な病気の前兆となる場合もあるので注意が必要です。網膜剥離とは眼球の中の硝子体に網膜が引っ張られて裂け目ができることです。その時に出血をしてそれが飛蚊症として自覚されるのです。この場合の飛蚊症は大きな形となって現れます。また網膜が引っ張られることで異常放電が起こり目に光が走るような症状を自覚することもあります。これらの症状を放置しておくと裂け目は大きくなって網膜は大きく剥がれ落ちてしまいます。異変を感じたらすぐ眼科医で眼底検査などの診察を受けることが大切です。治療が早いほど視力への影響は少なくなります。